治療について

« 治療についてTOPに戻る

耳管開放症

耳管開放症について、ポイントをご紹介いたします。   (詳しい内容は、金沢市立病院耳鼻咽喉科 石川滋先生の「耳管開放症ホームページ」を参照下さい。)

症状

「耳がふさがった感じ」=耳閉感
「耳がぼーっとする」=耳鳴
「音が響く」=自声強調
以上の症状は、他の耳の病気でも良く見られることですが、この病気では、これらの症状の他に,自分の鼻息が耳で聞こえたりすることがあります。 頭を下に向けてしばらく「頭に血がのぼった状態」にすると一時的に症状が軽快するのも参考になります。 過去に体重の減少があったり、体調を崩している方が多いです。 めまいを伴うこともあり、顎の関節が痛む「顎関節症」の方が多いです。

病気の原因

右図を見ていただくと、「耳管」という管が鼓膜の後ろの空間から下に伸びているのがわかりますが、 「耳管」は鼻の奥(のどちんこの裏)と鼓膜の後ろの空間とをつないでいます。あくびをすると、 「ポコッ」といって空気が抜けることがありますが、この時、耳管を通じて「耳抜き」が行われ、 鼻から耳に空気が通っているわけです。耳管開放症とは、この耳管が開きっぱなしになりいろいろな 症状がおこります。
病気の原因

診断

多くは、以上のような症状で診断がつきます。 鼓膜を診察すると、「ツバをのみこんでごっくん」するときに鼓膜がパタパタ動く方が多いです。 また、ゴム管で患者さんの耳と医師の耳をつないで患者さんの声を聞くと患者さんの声が良く聞こえます。 「耳管機能検査」という特殊な検査法は、大きな病院でもまだ完全に普及していない検査ですが、 診断に役立ちます。 当院でも診断を確定する為の一方法として導入しております。 症状や、鼓膜所見が典型的でない場合でも 耳管開放が起こっている場合があり、隠れた耳管開放症を見つけるのには大変有意義な方法だと思います。

治療

一般的には、大学病院などでも積極的に治療されている施設はまだ少ない印象です。診断が付いて、患者さんが安心し、自然に治ることもある からでしょう。しかし、なかなか自然に治らない人も多く、当院では、患者さんに負担が少なく、また半数以上の方に効果があるので「加味帰 脾湯(かみきひとう)」という漢方薬を中心とした治療を行っています。
この漢方薬を飲むと、早い方では3〜4日で効果が見られます。(長い方では数か月投与して改善した方もいます) 一般的には、漢方は「長く 飲んで少しずつ効果があるもの」と捉えられがちですが、効果があるか無いかは、1か月以内にわかることが多いものです。耳管開放症は、体 調を壊している方が多いのですが、この治療で体調が良くなり体重の増える方もいます。 重症な方で、漢方が効かない方には他の方法を採用している施設を受診されることもお勧めいたします。詳しくは「耳管開放症ホームページ」 をご参考に!
割とよくある病気なのにもかかわらず、まったく耳管の状態の異なる「耳管狭窄症」や「滲出性中耳炎」と診断されて、反対の治療をされてい たり 一見鼓膜が正常に見えるため、「気のせいです」 「神経症ではないですか?」と言われ精神的なダメージを受けておられる方も多数いら っしゃいます。
最後に、学会やホームページを通じて耳管開放症について、たくさんのご教示をいただいた金沢市立病院の石川滋先生に感謝いたします。 「加味帰脾湯(かみきひとう)」の治療も、石川先生が考案されたユニークな治療法です。